事例紹介(Webアプリケーション)

Cases

これまでの事例の一部を課題と対応内容を合わせて以下に紹介します。(以下には個人事業時の事例も含んでいます。)

既存CMSからのWebサイト完全リニューアル移行

課題

既存CMSを活用したWebサイトを構築して使用していたものの、既存CMSの機能として提供されている多数のプラグインや既存CMS自体のアップデートの度にサイトが動作しなくなる状態になってしまい早急に別のCMSを活用するか独自に開発してリニューアルを行う必要があった。

対応内容

会員機能や決済機能、レポート出力機能などが必要なことを踏まえ簡易の独自CMSの開発を行いました。独自CMSを開発することで、欲しい機能追加や改善が制限なく可能となり、結果的に売り上げ増加に繋がりました。また、何よりサイト運営にかかる手間が大変楽になり、大幅な業務効率化を達成しました。

Webサイトからのお見積りフォームから見積書の自動作成と返信用メールの自動作成システムの構築

課題

Webサイトからのお見積もり依頼が多いものの、見積書の作成と送信は手作業で個別に行なっていた。そのため時間がかかり返答までに時間がかかり入力ミスも発生して別の問題も発生するなど業務効率が悪い状態だった。

対応内容

Webサイトからのお見積もり依頼を受け付けるフォームを作成し、そのフォームからの入力内容を元に見積書を自動作成するシステムを構築した。また、見積書の自動作成と同時に返信用のメールを自動作成するシステムも構築した。これにより、見積書の作成と送信にかかる時間を大幅に短縮することができた。

関連記事

📑 Googleスプレッドシートを活用した見積書や請求書など業務文書の自動作成システムの構築事例について

DX 化の一環として見積書や請求書などの業務上作成が必要となる書類を必要なデータ入力をすれば自動で作成、発行するシステムをGoogleスプレッドシートを活用して構築した事例についてご紹介します。

ritaiz.com

Web会議管理システムの構築

課題

ユーザーに対するコンサルティング業務をリモートで行う必要があったものの、ユーザーに特定のスマートフォンアプリのインストールをお願いするハードルは高く、またビデオ通話が必要であること、電話料金のコスト観点から電話を使用することができない状況だった。

対応内容

ユーザーが各自で好きな時間にWeb会議を予約できるWebサイトを構築し、またユーザーとコンサルタントがPCまたはスマートフォンのブラウザをつかって簡単にWeb会議を行えるシステムを開発しました。また、同様の事例としてWeb会議をおこなえる専用のスマートフォンアプリを開発した実績もあります。

受講者管理と書類PDFファイルの自動作成のためのWebアプリケーションの開発

課題

数百人分が受講する講習会の名簿一覧や各受講者の修了証を個別に手入力にて作成しており膨大な時間がかかっていた。

対応内容

受講者の情報を保存できるWebアプリケーションを構築してそこに受講者データを保存し、その情報を元に名簿一覧や修了証を自動生成するようにした。 これにより書類作成にかかる時間を大幅に削減できた。さらに、受講者や講師に対して受講予定についてメール通知できるようになった。 また、書類作成にかかる時間が短くなったことで、講習会自体の開催回数を大幅に増やすことができ売上増加にもつながった。

クローズドな通話アプリの開発

課題

クローズドなグループ内で音声・ビデオ通話する必要があるものの各ユーザーが個人利用しているアプリ等は個人情報の観点から使うことができず、共通の通話アプリケーションを構築する必要があった。

対応内容

ユーザーが特定のユーザーと音声・ビデオ通話できるスマートフォンアプリとタブレットアプリを開発しました。

QRコードを用いた社員の勤怠管理および傾向分析システムの構築

課題

古いタイムカードと打刻データの入力を手作業で行なっていたが、社員増加に伴って多大な時間がかかり入力ミスによる問題発生が増えてきた。

対応内容

社員証にQRコードをつけてそれを使ってタブレットのカメラにかざすことで打刻を行うシステムを構築した。これにより手作業による出退勤日時の入力がなくなった。また、いつでも各社員の業務時間を週、月、年別などに確認できるようになり、シフト割り当ての参考情報として出退勤情報を簡単に活用できるようになった。